メリロートはむくみに効果絶大?副作用も無視できない

メリロートはむくみに効果のある成分で、サプリでよく見かけますね。利用している人の評判も良く、効果を上げているようです。一方で、メリロートには副作用の症例があり注意を呼びかける声も聞かれます。その効果や危険性について、詳しく検証してみました。

メリロートとは

メリロートはヨーロッパでは古くから医療用に使われていたというハーブで、ヨーロッパからアジアまで広く自生してるマメ科の植物です。炎症や頭痛などの治療に用いられ、血液やリンパの流れを良くするため、近年ではむくみを改善する効果が注目されています。

主な成分

メリロートに含まれている主な成分は次の3つになります。

クマリン

「クマリン」はポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を有しています。活性酸素を除去し、老化を防ぐ働きがあります。また、血液を固まりにくくする作用を持ち、血流を良くする働きをします。この働きにより、むくみの改善が期待できます。さらに、体内で細菌が増殖するのを防いだりする抗菌作用も有しています。

サポニン

「サポニン」には肥満を予防する効果があります。腸で吸収されたブドウ糖は脂肪と合体して内臓脂肪となり蓄積されますが、サポニンは脂肪の吸収を抑えることで蓄積を阻止してくれるのです。さらに血流を改善する効果や、血中の悪玉(LDL)コレステロールを下げる働きがあります。

ケルセチン

「ケルセチン」には強い抗酸化作用があり、活性酸素による赤血球のダメージを防ぎ、血流を改善する働きをします。サポニンと同じく、血中の悪玉(LDL)コレステロール値を下げることも研究で分かっています。

具体的な効果は?

これらの成分が、具体的にどのような効果を上げていくのでしょうか?

血流をよくしてむくみ改善

3つの成分のどれもが血流を改善する作用を持ちます。メリロートに強いむくみ改善効果が期待できるのは、これらの作用によるものなんですね。むくみの原因の多くは、血行が悪いために老廃物の排出がうまくできず、滞ってしまうことによります。血流が改善されることで老廃物もスムーズに流され、むくみが改善していくというわけです。

抗酸化作用

クマリンやケルセチンの抗酸化作用は、老化の原因となる体内の活性酸素を除去してくれます。活性酸素がなくなると体の代謝能力もあがり、老廃物や毒素の排出がスムーズに行われます。

コレステロール値の低下

血中の悪玉(LDL)コレステロールが多くなると、血液の流れが滞ります。サポニンやケルセチンがコレステロール値を下げることで血流が改善され、むくみにくい体になるほか、動脈硬化の予防にもなります。

体脂肪の減少

小腸の絨毛には、栄養素を吸収する働きがありますが、これが大きくなると、糖や脂肪など余分な栄養素を吸収するようになります。さらに絨毛は体脂肪が増えるとその面積が大きくなり、ますます吸収が良くなってしまいます。メリロートに含まれるサポニンはこの絨毛を正常な大きさに維持する作用があり、余分な糖や脂肪の吸収を抑制してくれます。

生活習慣病の予防

悪玉コレステロール値の減少は脂質異常症を改善し、動脈硬化などの生活習慣病を予防します。糖の吸収が抑えられることで、糖尿病の予防にもなります。

アレルギー改善

ケルセチンには、アレルギーを引き起こす大きな原因となるヒスタミンを抑える作用があります。また、抗炎症作用も認められ、アトピーや花粉症などの症状を改善することが期待できます。西洋医薬品と異なりケルセチンには副作用がないので、安心して用いることができます。

どのように摂ればいい?

これだけの効能があるメリロートですが、どのように摂るのが効率的でしょうか?

ハーブティーで

メリロートをそのまま乾燥させたハーブティーがあります。海外のオーガニック認証機関の認証をされたハーブです。メリロートがどんなものか知りたい方は、試してみてはいかがですか?

【メリロート50g 1週間分】 1,300円 送料別  ハーブマルシェ

http://www.gv-it.com/web/herbmarche/single/033.html

サプリが手軽

メリロートの有効成分が抽出されたサプリなら、手軽で効率的です。多くのむくみ専用のサプリに配合されています。

【メリロート】

DHCの「メリロート」はその名の通り、メリロートを主成分にしたむくみ専用のサプリです。メリロートの他にもジャワティーエキスやイチョウ葉、トウガラシなどの成分が配合され、むくみへの効果を高めています。

通常価格:950円(税抜) 送料別 公式サイト

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=2178

 

【きゅきゅっと小町】

メリロートとカリウムが配合されて、むくみへの効果に定評があるサプリです。他にもショウガエキスやL-カルニチンなど、ダイエット効果のある成分も配合され、美容への総合的な効果が期待できるサプリです。

定期購入のみ 通常価格:4,980円 初回:980円  公式サイト

http://ichiban-boshi.com/shop/teiki/kyukyu.html

副作用が心配

むくみをはじめ、素晴らしい効果があるメリロートですが、無視できないのが副作用です。症例があり、服用量も規制されています。

症例

メリロートで肝機能障害を起こした症例が、これまでに2件厚生労働省に報告されています。1件は摂取して1ヶ月で黄疸を発症、もう1件は5ヶ月摂取した後の健康診断で肝機能値の上昇が認められています。どちらもメリロートの過剰摂取が原因とされています。これらの症例は、未だにきちんとした原因究明がされていません。

ほかの薬との飲み合わせに注意

メリロートには血液を固まりにくくする作用がありますが、ワルファリンという、同じ抗凝固作用を有する薬との飲み合わせには注意が必要です。抗凝固作用が増強され、出血しやすくなる危険があるからです。他にも飲み合わせで副作用が出やすい薬があるので、医師に相談してから飲むようにしましょう。

厚労省の服用量規定は?

厚生労働省は、健康食品などに関する通知の中で「成分が医薬品として用いられていることがあるものは、原則として医薬品として用いられる量を超えないように服用量を設定する」という内容の指導をしていますが、「医薬品で定められている服用量」は、1日最大4.0mgとされています。

EU基準では、許容一日摂取量(TDI)を0.1mg/kgと設定していますが、これによれば50㎏の人で1日5mgまでとなります。これらの基準では、1日4~5mgまでが限度といえます。

しかし、日本のむくみ専用のサプリでは、その2倍を超える量が含まれているものもあるのです。

紫外線を吸収しやすい

メリロートに含まれるクマリンは、「光毒性」というものを有しています。紫外線を吸収しやすい性質で、多量に摂取した状態で紫外線を浴びると日焼けしやすくなります。日焼けを気にする人は、摂取する時間帯にも注意が必要です。

するるのおめぐ実にメリロートは入っていない

「するるのおめぐ実」はむくみ専用サプリですが、メリロートは配合されていません。他の成分でも、十分なむくみ改善の効果が期待できるようです。

明日葉

明日葉はポリフェノールやカリウムが豊富で、血流改善の効果を有します。中でも「カルコン」という成分が強力な抗酸化作用と脂肪燃焼効果を持ち、むくみをしっかりサポートします。

赤ぶどう葉

ヨーロッパでは西洋ハーブ医薬品として、むくみ治療薬の原料になっているのが赤ぶどう葉です。日本でもこれを原料にしたむくみ改善薬が販売されています。赤ワインの300倍ものポリフェノールがあり、血流を改善してむくみを解消していきます。

トウモロコシのひげ

トウモロコシのひげには、カリウムがスイカの50倍も含まれています。ナトリウム過剰などによるむくみに効果的で、食物繊維も多く含むので、老廃物の排出を助ける作用もあります。

ほかの成分で代用もできる

副作用の恐れがあるメリロートを使用せずに、同じような効果を上げる成分があります。それらが含まれている食材と一緒にご紹介しましょう。

大豆サポニン

メリロートに含まれているサポニンは、大豆サポニンでも同じような働きが期待できます。大豆サポニンは大豆製品全般に含まれますが、豆乳が手軽で効率的に摂取できるようです。

ケルセチン

ケルセチンは玉ねぎをはじめ、りんご、ほうれん草、ブロッコリーやパセリなどに多く含まれています。これらの食品をまめに摂ることで、血流を良くしたり、コレステロール値を下げることができます。

カリウム

カリウムはむくみ改善には欠かせない成分です。カリウムは多くの食品の中に含まれているので、日常的に摂取しやすいと言えます。特に多いのはバナナやアボカド、ほうれん草や大豆製品、イモ類です。

むくみを早く取りたいならメリロート。摂取量には気を付けて!

メリロートはむくみやその他の効果も抜群で、多くの人に支持されているのもうなずけます。ただ、効果を上げたいばかりに摂りすぎるのは禁物です。摂取基準量を知って、サプリにどのくらい含まれているか確かめましょう。正しく服用して、キレイを目指してくださいね!